FC2ブログ

ゲームとマンガとアニメの情報ならノア!

ゲーム・マンガ・アニメに関する情報サイトです。

ホーム > アーカイブ - 2010年06月
個人的にいまノアがハマっているものデス… ◆コレ好きなんですよ(●´∀`)ノ⇒ 「ちょい足しクッキング」◆ビビっときました?⇒ 「蘇るPCー8801伝説 永久保存版」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ガンツで今だ最強のぬらりひょん(1)

先日当ブログでもシグルイの記事の際にガンツも、エログロ(!)ってことの関連で紹介しました。

今回はそのガンツをテーマに数記事書いていこうと思ってます。


まずは、GANTZ(ガンツ)の作品紹介(基礎知識)から。


主人公玄野計(くろのけい)は地下鉄のホームで、小学生時代の親友加藤勝を偶然見かける。

正義感の強い加藤は線路上に落ちたホームレスを助けようとするが、助けに入った玄野と共に、タイミング悪く進入してきた電車に轢かれ死んでしまう。(なんとっ!)


次の瞬間、彼らはマンションの一室にいた。(はて?)
そこには、同じ様に死んだはずの人々が集められていた。(?)

その部屋の中央にある謎の大きな黒い球。(??)
彼らは、その「ガンツ」と呼ばれる球に、星人を「やっつける」ように指示され、別の場所へと転送されていく・・・

謎の物体「ガンツ」に集められた死んだはずの人々は理由もわからないまま、
その素質の有無に関わらず、謎の星人と戦わなくてはいけない。(強制!)

玄野はその中で、戦いに生き延びながら成長し、「ガンツ」の世界に触れていく(蝕まれていく)…



GANTZ(ガンツ)は、作者の奥浩哉が高校時代から暖めていた、「必殺仕事人」にSFテイストを加えた「夜にみんなで集まって殺しに行く」物語を描いた青年漫画。

「日本人に馴染むSF」を目指した、現実と非現実が交錯する世界観、
不条理とも言える死と隣り合わせの緊張感、個性溢れる登場人物などが人気を集めている。

前作、『01 ZERO ONE』に引き続き原稿はCGによって制作、作者は「3D漫画」と称している。

といったかんじです。


なかなか文字だけでは伝えるの難しいですね・・・


とにかく人智を超えた世界が「普通に」描かれているところが魅力です。

そしてボインが満載です(メンズはバンザイです)

しかし期待を裏切りまくる話しの展開に驚きが隠せません。(これは人によるかもしれない)
そういったところがまた人気の秘訣かもしれません。


ちなみに実写版ガンツが出る予定だそうですが、正直あまり期待していません。
これを実写にするのは正直ムズイです。

気になる方はコチラがオフィシャルサイトです。↓
http://www.gantz-movie.com/


もしかしたら実写版を見て初めてガンツを知って、コミックで一気読みするみたいなパターンが
マン喫なんかで今後繰り広げられそうですね(W)


今記事は基本紹介にとどまりますが、
正直人生に1度はこのイッチャッてる不思議ワールド、読んでみて損はないと思います。

(すみませんぬらりひょんまでかけませんでしたm(_ _;)m)

ただ基本男性がターゲットかもしれませんが…


コミックは今のところ28巻まで出ています。
(すんごいことになってきてますね↓)

ここおくりっくして>だちい。

スポンサーサイト
[ 2010/06/21 01:10 ] マンガ(青年) | トラックバック(-) | コメント(-)

キャバクラ