FC2ブログ

未分類 ゲームとマンガとアニメの情報ならノア!

ゲーム・マンガ・アニメに関する情報サイトです。

ホーム > カテゴリー - 未分類
個人的にいまノアがハマっているものデス… ◆コレ好きなんですよ(●´∀`)ノ⇒ 「ちょい足しクッキング」◆ビビっときました?⇒ 「蘇るPCー8801伝説 永久保存版」

3Dの発展には期待!

ゲームとかアニメとかの分野になりますが、最近では、2Dという概念の作品は本当に少なくなりました。

基本立体構造のビジュアルがメインだと思います。

なぜ立体的なものが多くなったかというと、ゲーム業界全体がその3D化を元々目指していたというのがあります。

家庭用ゲーム機では昭和の時代、まだファミコンやメガドライブ時代は目指したくともなかなか表現が難しいことがありました。
(それでも、立体的にみせようと工夫する作品は数多く出ていましたが)

本格的に熱があがったのは、やはり格闘ゲームのバーチャファイターあたりでしょうか。

まだ見た目がかくかくしかじかといったポリゴンで、それでもその当時はすごい人気でした。

もともとカプコンのストリートファイターなど格闘ゲームが大ブームだったとことろにセガが新しい視点で格闘ゲームを一層盛り上げたと思います。
そのあともセガはバーチャロンという人間ではなくロボットを題材にした格闘ゲームを輩出しています。

家庭用ゲーム機では、その頃、PSプレイステーション、SEGAセガからセガサターンの発売が開始され、家庭でも3Dが存分にたのしめるような時代がやってきました。

その頃はスクウェアのFFファイナルファンタジーも完全3D化し、NAMCOナムコもリッジレーサーなど出して、3D化は本格的なものになっていきました。

それから数年・・・

もう3Dでないゲームはだいぶ少なくなりました。

あの
スーパーマリオ
でさえも今は3Dが当たり前ですよね。

決して2D指向がなくなったわけではなく、現在もまだ2Dで元々作られて人気のある作品はあるのですが、やはり3D作品の方が多いのではないでしょうか?


今テレビ自体に3D化が始まっていますが、これはまたもっと現実的なものをバーチャルに見せるものなのでゲームとはまた違った視点になると思いますが、目指している、やってることは同じですね。

ゲームの3D化はここ数年ですごいスピードで進化を遂げてきましたが、テレビもおそらくそのスピードで進化を見せてくると思います。

ただ1点。

あの3D眼鏡は、いちいちつけるのが面倒のような気がします。

眼鏡をかけるくらいだったらもともと画面にフィルターをかけられないのかな?と思ったりしますが、わたしだけでしょうか?

ま、メーカー側のチョイ出し戦略かもしれません。

徐々にそういった部分でも進化を遂げていくのかと思います。
[ 2010/06/17 18:29 ] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)

当サイトについて

はじめまして。
このブログの管理者のノアといいます。

当ブログでは、ゲームやアニメ、マンガに関するさまざまな情報を発信します。

マニアックであったりレア情報であるかどうかは
始めてみてからのお楽しみ!

ではではお楽しみください!
[ 2010/06/14 22:20 ] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)

キャバクラ